町田の整体│首が強く しなやかになり 体が丈夫になる整体院│たむら整体治療室│Good method 頚椎良法

自力整体2016/06/21 19:27

9月に開催する講習会のテーマは
自分で自分の体を整える!です

自分で自分の体を整える方法は、多々ありますが
立禅で体が整う。ということは案外知られていないのでは?と思います
(そもそも立禅って何?って方も多いと思いますが…^^)


◆辞書で調べると

立禅とは、立って行う東洋的瞑想法の名称として、用いられる言葉である

太極拳の站椿功(たんとうこう)のことをいう場合が多い

又、人間の内的な力を強力にし、瞬間的かつ爆発的な力(気)を養成することを目的とする

立禅の修行によって以下のような効果が得られるという

•心身をひとつにする
•身体の中心感覚を養成する
•人間の持つ本能を呼び覚まし動物的な反応や動きが可能になる

以上~



私は立禅をはじめて

一年が経過するんですが

・体が強くなる

・健康度が高くなる

・体の状態がよくわかるようになる

・体をコントロールしやすくなる

・バランスがよくなる

・背骨の歪みが修正される

…etc

というような効果を感じています

実際、予想以上の効果を感じています^^

また、キチンと正しく行えば!整体やカイロプラクティックに負けず劣らず

体を整えることも可能です

そう、キチンと正しく行えば、立禅は整体やカイロプラクティックに負けず劣らず体を整えることが可能なんです

ここに私は着目しています
ということで、立禅を紹介したくなっちゃったわけです^^

以上の経緯があって
立禅を主体にした「自力で体を整える!」をテーマにした講習会を開催する運びとなったわけです

◆武術でボディワーク
http://tamura-seitai.org/

◆問合せメール
http://tamura-seitai.com/script/mailform/mousikomi/


また、講習会まで日がありますが
ブログで宣伝させていただきます<(_ _)>

ということで、本日はこれにて!

武術でボディワーク2016/06/20 14:45

こんにちは!
今日は宣伝ブログになります(-^□^-)


◆武術でボディワーク
http://tamura-seitai.org/


武術は、護身や格技だけじゃぁなく
心身健康、体の修正、バランス力、能力開発、自己啓発にも役立ちます

そう、武術には多様なエッセンスが含まれているんです
ということで、武術でボディワーク!を開催することになりました

まだまだ未定な部分が多いのですが
今後、どんどん煮詰めていく予定です

ご興味のあるかたはご参照くださいませ


◆武術でボディワーク
http://tamura-seitai.org/

歪みの要因2016/05/23 21:09

どうして体はゆがむのか?
歪みの原因には個人差があり、且つ、諸説あるんですが


◆いつの間にやら歪んでいて、不調がでていた


どうして歪んでしまったんでしょう?
というご質問をいただくことがあります


そんなとき、私が好んでする解説は…

体の使い方、癖、ストレス、緊張などなどの要因により、緊張、ストレスが加算され

その集大成として体が歪んでくる。と説明しています(シンプル解説を心がけていますので^^)


もうちょっと具体的にいうと

上記要因により、脊柱が歪み…
結果、脚長差や肩の高さや腕の長さに左右差が生じてきて、全身が歪みます


さらに、どうして背骨が歪み、不調になるのか?具体的にいうと


上記要因により、椎骨(背骨)一つ一つの動きに硬さが出たり、偏りが出て、脊柱が歪みます


そして、脊柱の歪みや硬結にともない
脊柱の中にはいっている神経に圧迫がでて、神経機能の低下を招き…

その結果、自然治癒力の低下、自律神経の乱れが生じ、諸々の不調が生じてくる!というのが不調が生じてくる仕組みです(当院の考察ではね)

歪む要因には、いろんな解説、説明があるけれど

シンプル単純に

体の使い方、癖、ストレス、緊張などなどの要因により、緊張、ストレスが加算/蓄積され
その集大成として体が歪んでくる

というのがベターなんじゃぁないでしょうか?


ということで、本日はこれにて!

言葉の力2016/03/29 11:47

最近、背骨のトレーニングをしていて感じたことなんだけど

背骨のトレーニングというよりも、脊柱のトレーニングという表現のほうがしっくりくる


背骨…という表現だと
背骨(椎骨)一つ一つのイメージを想起してしまうんだが
脊柱だと、背骨全域を連想できるからだ


ということで
脊柱を強くしなやかに、そのうえで歪みのない様態を!
という概念で自身のトレーニングに臨んでいます


すると、不思議なもんでトレーニングのやり方が変わってくる(バージョンアップ)
さらに言うと、トレーニングの成果も上がってくる^^


ということで
ちょこっと表現(言葉)を変えてみる

そこから、色々なバージョンアップや打開策が見えてくる!なんてこともあるんですねぇ


例えば

・悩み事を課題、テーマに変えてみる

・神経質を繊細に変えてみる

・生真面目を職人気質に変えてみる



なんて具合に否定的で負の印象のある言葉を
肯定的で正の印象のある言葉に置き換えてみる


それだけのことで
打開策が見えたり、より良いものを練り上げていくキッカケになったりする


ということで、言葉の力!


けっこう大きいんですよね
大いに活用しようじゃぁ~ありませんか


ということで本日はこれにて!

クンダリーニ症候群2016/02/09 20:05

非科学的(未科学とも言う)な不快症状なんだけれども
不調の経緯を聞いていると、いわゆるクンダリーニ症候群なのでは?
というクライアントさんがいらっしゃる


※クンダリーニ症候群とは?誤った気功修練で生じる気功偏差の一種
症状的にいうと自律神経失調症に似た様態


本人も何となくは分かっていた様子
だけれども、まさかそんなオカルトというか
トンデモ系の話が実際にあるわけがない。って思っていたようです

うん、私も似たような経験をしているので、わかるんですねぇ
意識というか氣?の暴走で体調が悪くなることはあるんですよ
※むろん科学的な話じゃぁないですよ。経験論、実証論ではあるっていう意味ね

そんな経験もあり
いろいろとお伝えいたしました


そう、気功修練なんかは
キチンとした指導者のもと行わないと危険なんですねぇ


あらためて実感いたしました
ということで本日はこれにて!

はい、整いましたの巻2016/02/02 17:15

「あっ、ここ歪んでますね」

「こんなに違いますねぇ」

「はい、歪みがなくなりましたよ」

「はい整いました」


というフレーズは…
整体師ならば一回は、口にしたことがあるんじゃぁないでしょうか?

私も似たようなフレーズを使っています^^
だけれども、真面目にいうと

このフレーズは矛盾しまくりなんですねぇ

どうしてか?

詳細を言っちゃうと、完璧に歪みがゼロの様態なんて、そんな簡単に成せるもんじゃぁないんです実は…

なので、「はい、整いました!」の実態のほとんどが

施術直後に足の長さが揃ったり、腕の長さが揃ったり、肩の高さが水平になったり…という程度がほとんどです
※整体的に言うと、それはそれで意味のあることなんですよ


つまり、「はい、整いました!」の実態は、歪みが完璧にゼロになりましたよ!ということじゃぁないんですね

また、背骨の歪み/硬結がゼロになりましたよ!ということでもないんですね
※これまた、そう簡単に成せるものじゃぁないんですね


なので、施術終了後…時間経過に伴い、左右の足の長さが再度変異したり、腕の長さが再度変異したり、肩の高さが不均衡になったりが出てしまいます
(その際、患者さんの体の使い方、生活習慣の問題も係わっていますよ)


ということで、「はい、整いました!」

を翻訳すると
「うん、施術前と比較して歪みの度合いが軽減されましたよ」となります^^

でも、それだと言葉の力(フレーズ)が弱いので、「はい、整いました!」っていうフレーズを多用しているケースが大半と思います


ということで本日はこれにて!

セッション2016/01/12 20:36

先日は早めに仕事を切り上げて
とあるセッションを受けに行ってきました

分類するとスピリチュアルな分野に入っちゃうんですが、ここの先生は本質的で地に足が付いた人!と把握していたので


「一度、見てもらいたい」


ということで出かけてきました


※私、けっこうスピリチュアル系に詳しいんですよ
けれども、地に足が付いていなかったり本質的なことを目指していない系列は大NG!全然興味ないんですね。結構、その辺は手厳しいんです^^


で、どうしましょう?
感情で悩んでいる方は多いと思います

先日、教わったことの中で多くの人に役立つのでは?ということを何個かシェアしますね(太っ腹でしょ?)


怒りの感情は・・・

他者への期待が強かったり、失敗を認めない/許さない人ほど出てきやすい
※怒るのが悪い。ダメ!ということではないですよ


具体的に言うと彼女にプレゼントを買った。喜んでくれるはずだ!と彼女に期待している彼氏

だけれどもプレゼントを渡しても、彼女は全然喜ばなかった(残念!)
すると期待を裏切られた彼氏は怒っちゃう!という仕組みです

なので、あんまり他者への期待は大きく持たない方が平静で過ごしやすい。っていうことなんですね


あと、恐怖心

他者、世間からどうみられているか?という気持ちが強かったり(本当は、自分が自分をどんなふうに見ているか?のほうが大事)

他者、世間からの評価を過剰に気にしていると恐怖へ移行しやすくなる(本当は、自分が自分をどう評価しているか?のほうが大事!)


あと羞恥心、高すぎるプライド(タカピーっていう奴ですね^^)

他者との比較ばっかりして、失敗を許さない/認めないと羞恥心やタカピーに繋がってくる
※他者との比較じゃぁ~なく、過去の自分との比較を推奨してました



最後、勘違いで自己評価が高すぎる人・・・

本心本音では分かっているそうです。(自分が大したことないって)…なので、自分に対して嘘つきだったり、本当の実力を見るのが怖いから見ないようにしている弱虫が多い。とのこと



以上、けっこう有用な情報じゃないですか?
ということで本日はこれにて!

今日から仕事始め2016/01/04 19:28

今日から仕事始めの人は多いのでは?
当院も本日から営業しております_(._.)_


正月はヌボ~と過ごしつつもトレーニングは休まず続けていました
施術の腕も鈍らないよう妻や両親に施していました^^


ということで、今年もますますの技術向上と効果促進!
そして、自己練磨に励んでいきます


2016年も宜しくお願いいたします_(._.)_

尾骨と硬膜2015/12/29 16:45

読者の皆々様、こんにちは
院長の田村です


今日は整体ネタを


頚椎良法を行なっている際、クライアント様の頭を保持しているわけですが

そんなとき、硬膜(頭蓋骨と脳の間にある膜ね)の質感が分かるようになりました


と言っても昔も分かってはいたんですが、それよりも首~仙骨の様態を重視していたので、あんまり気にしていなかったんですね


最近、施術をしていると硬膜が硬い質感は「良くないよな」という心の声に従い^^

硬膜を柔らかい様態にするよう意識するようになりました(施術中にね)


補足ついでに言っておくと、私は自己鍛錬で尾骨を動かしています(なんちゅートレーニングだ?)


微妙な動きだけども、尾骨は前後、左右、回旋、伸縮の動きがあります
これを意図的に動かしているんですね


その際、硬膜/小脳テントの動きを感知できます(自分のね)
ということで尾骨と硬膜は繋がっているんです


体感だけでなく解剖学でも確認してみると

尾骨と硬膜は密接に繋がっているんですね。なので私の体感は当たっていた!っていうことです^^(ホッ)


更に補足しておくと
オステオパシー(海外版の整体)の一派である頭蓋仙骨療法によると頭蓋が歪んで硬膜が癒着(硬くなる)すると


脳脊髄液のリズム循環が悪化して、その結果!自然治癒力が低下して、さまざまな不定愁訴が出てくる。と言われています

これに当てはめて考えてみても、硬膜が硬い様態は「良かぁ~ない」ということなんですね

ということで数日前から硬膜の様態もかねて頚椎良法を行うようになりました


PS

当院は昨日で仕事納めでした
しかし、今日は大掃除をするので実質、今日が仕事納めな感じです

ということで年内のブログはこれにて!です
又来年お会いしましょう!良いお年をお迎え下さい

オススメ!口コミしたくなる整体院2015/12/22 14:05

読者の皆々様、こんにちは
院長の田村です


本日、ホームページをアップしました



整体院や治療院、カイロプラクティックセンターを口コミしたくなる時...
やっぱり、自分で体験して本音の部分で

「これは凄い!」「これは良い!」と思うこと

そして、縁ある人達に紹介したい!っていう本音の心理が原動力になっているんじゃぁ~ないでしょうか?

少なくとも私はそうです^^
そう、そして...


続きは

http://www.tamura-seitai.net/article/art2.html


ご参照下さい!